2007年03月21日

★2007年ACL第2節グループF 川崎‐バンコクユニバーシティ(等々力)

生観戦。
一言で言うとフラストレーションの溜まる試合だった。
枠に行かないシュート。時間稼ぎ。
隣にいた兄ちゃんがかなりキレててウケた。

[観客数]
客の入りは見た感じ普通。これだよ。横浜FC戦がおかしかったんだ。
やっぱ注目選手がいると違うんだな。
それでもキックオフの頃には全体的に埋まってた。
でも客数は1万人ちょっと。フロンタの招待券ってカウントされないんだっけ。
バンコク側のエリアには、バンコクに所属してる日本人選手深澤向け応援団が3人程いた。
晴れて風も弱く、気持ちのいい日光浴日和だった。

[フロンタ側スタメン]
谷口がベンチで河村。我那覇がベンチで黒津。
クラブ側判断で出場停止の森勇介に代わって右サイドに井川。
審判団はシンガポール。

[立上がり]
バンコクのプレスが早くDFラインでボールがまわる。
バンコクは隙を見でボールを奪い、前線に放り込んでカウンターを仕掛ける。
フロンタ側は全然その展開と速さについていけず、7分早々に失点。

[前半]
徐々にフロンタも黒津やジュニにまでボールが渡るようになり、
続々シュートを打つも、枠に入らない。GKにキャッチされる。
CKも何本やったことか。面白いほど決まらない。
Jでの試合の感覚でボール持ってるとバンコク側は目ざとく奪ってくる。
パスも遮られて攻撃が繋がらない。ほんと目ざとい。
一度ゴールラインを割ったかと思われた場面もノーゴール判定され。
前半は0-1で終了。

[後半]
バンコク側に2枚目黄で退場者が出て数的有利に。
フロンタ側は20分過ぎから選手交代を始め、
河村out我那覇in、井川out谷口in、マギヌンoutテセin。
しかし流れは変わらず、というより90分間ずっと同じ調子で、
攻めては外すか撥ね返され、カウンターでピンチになり、の繰返し。
バンコク側は結構荒いプレーで前半も黄が出ていたけど、
特に後半はバンコク側の選手がいやらしいっつうか。
GKは遅延するし、選手は倒れまくるし余計いらつかせる。
ジュニ、我那覇ニュース見たら黒津だった の連携から1点返したかと思ったらバンコクのオウン。
つくづくテンション上がらなかった。
で、1-1のまま試合終了。


さて、シドニー対浦和はどうかな。
TV無いからネットで拾った音声でも聴こ。
posted by gamerin at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★SOCCER('07観戦)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。