2007年11月24日

【生観戦】J1第33節・川崎−広島

川崎にとって07シーズン最後のホーム等々力。
風も無く晴れて、観戦日和だった。

広島は代表選手がたくさんいるのに降格争い中。
ウェズレイ、寿人の2トップに髪が黒くなってて最初わかんなかった柏木王子が先発。
リベロにストヤノフ、もちろん選手紹介では大ブーイング。
川崎は広島のシステムに合わせてか3-5-2の見慣れた布陣。
トップ下は養父。左サイドに久木野、2トップはジュニ&テセ。
主審は東城。

川崎は森→養父→テセの見事な先制点の後から前半終了までは広島に押し込まれていたが、後はほとんどペースを握っていた。
ケンゴのミドルは気持ちよかった。
3−0で完封勝ち。

試合後、セレモニーとかいって信平社長、関さん、宏樹キャプテンが挨拶していた。
去年は3選手が引退ってことでかなりしんみりしたセレモニーだったが、今年はあっさりと終了。


うちに戻って浦和-鹿島を見たが、なんと2人も退場者出した鹿島が勝利。
ていうか、扇谷酷過ぎる。
マグノが突如契約解除になったガンバはドローで優勝消滅。
てっきり浦和とガンバの2強の争いになるかと思っていたのに、
本当に最後までわからないな。

さらに今日川崎が広島に勝ったことで、FC東京に逆転勝ちした大宮が事実上降格争い脱出となった。
今回は大宮の後押しをした川崎だが、最終節はそうはいかないよ〜。
でも大宮も新スタでの初勝利をあげだいだろうし、
何より自分が観戦に行く大宮戦は何が起こるかわかりません・・・。

それから、横浜FCに次いで自動降格が決まってしまった甲府・・・。
ヴァン君さようなら。寂しいよ。
posted by gamerin at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★SOCCER('07観戦)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。