2006年10月29日

■J1*第29節*結果

◆川崎2-0京都(等々力10505人 柏原丈二主審)
別記事に書いたとおり、生観戦。
何気にシュート数は10対14で京都のほうが多かった。

◆大宮0-1F東京(駒場10074人 吉田寿光主審)
前半1分の今野のゴールを守りきられてしまったらしい。
せっかく前節勝って波に乗りたかったのにな。
気づけば大宮は、一時期降格も危ぶまれた広島に
勝ち点1差に迫られている。

◆甲府0-1C大阪 (小瀬9852人 上川徹主審)
ホーム小瀬で強い甲府が負け。
後半終了間際に、大久保がイエロウ2枚目で退場するも。

◆新潟0-1福岡(新潟38203人 片山義継主審)
ホームで強い新潟が負け。C大阪といい、福岡といい、
危機感の強いチームは底力を発揮するものらしい。

◆磐田3-2浦和(ヤマハ16162人 高山啓義主審)
TVで録画して見た、展開が速くて面白い試合だった、
いや、磐田が勝ったから面白かったのかも。

◆名古屋2-1千葉 (豊田18534人 松尾一主審)
後半0分にストヤノフが2枚目イエローで退場、
千葉は1点リードしてたのに逆転負け。
ユースケがカードゲッターで有名だけど、けっこうストヤノフのほうがヤバイ。
J1ではもう黄紙13枚、退場2回、出場停止4回。
そして今回のでナビ杯決勝出場停止。プニも出れないのにねぇ。

◆広島3-0横浜FM (広島16162人 永田和久主審)
ウェズレイ活躍らしい。寿人は負傷から復帰したらしい。
ところで、ヤマハスタジアムと広島ビッグアーチの観客数が全く同じ。

****

◆G大阪3‐0清水 (万博19170人 山西博文主審)
G復活か。

◆大分2‐0鹿島 (九州28690人 扇谷健司主審)
大分も復活か。

順位は、Gが勝ったので1〜3位の勝ち点差が縮まっただけ。
残り5試合でどうなるかな。

浦和 62 +35
G大阪 59 +33
川崎 58 +27
清水 50 +15
----------------優勝可能性ライン
磐田 46 +13
鹿島 46 -2
大分 44 +6
千葉 41
-----------------降格しないライン
横浜F 39
新潟 38
甲府 37
F東京 36
名古 35
大宮 34
広島 33
-----------------降格争いライン
福岡 25 -19
C大阪 25 -21
京都 21 -31

ちなみに得点ランキング。
1 ワシントン 浦和 22
2 マグノ G大阪 20
3 ジュニ 川崎 17
3 寿人 広島 17
5 我那覇 川崎 16
5 播戸 G大阪 16
posted by gamerin at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■SOCCER('06結果)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26414472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。