2006年11月17日

修羅場

川崎はW杯終了後の鹿島、浦和、G大阪の3連戦を
「修羅場3」と名づけて煽っていたが、
そのすぐ後の大分戦での監督退席による横浜FM戦が本当の修羅場だったのか
ナビ杯準決勝を挟んだvs磐田、vs千葉、vsG大阪の連戦が本当の修羅場だったのか
そして明日の試合が本当の修羅場なのか。

川崎-福岡・・・前節広島に負けた、降格争いで背水の陣の福岡。
福岡とC大阪は勝ち点25、得失点差も-21、-22でほぼ横並び。
広島か大宮が負け続ける+自分らが勝ち続けないと降格争いからは出られない。
(特に大宮、狙われてまっせ。)
一方川崎もある意味背水の陣。ブラジル人3人+箕輪が出場停止、
代表戦でフル出場後中3日の谷口、中2日の憲剛と我那覇。
(谷口は21日の韓国戦メンバーにも選出されて、忙しいな)
レギュラーメンバーは変えない布陣でくるだろうか。以下妄想。
DFには佐原か?佐原も黄紙3枚持ってますが。いきなりスズタツとか。ねえな。
そういえば、松下って福岡からレンタルなんだっけ。
FWには黒津だろうな。んでテセがサブ。久木野あたりベンチ入りするかな。
トップ下は今野か。それとも憲剛がトップ下でボランチにハラタクあたり入れるとか。
おそらく左サイドに森が入って、右サイドには飛騨か井川とか。
飛騨が左サイドってこともあるかな。
ところで前節あんなだったけど、谷口や憲剛や我那覇の代表での活躍で、
チームの雰囲気的にはもう吹っ切れてるんじゃないか。と勝手に思ってたら
J'sgoalのプレビューに「FC東京戦後、優勝の可能性が薄くなり吹っ切れて気が緩んでる」
みたいなこと書かれてた。どうなんだろ。優勝からは確かに遠ざかった。
そのままずるずる後退するのならまるで前節の試合内容と同じ。
主力を欠いてもここで立て直して、前節とのメンタリティの違いを見せてほしい。

大阪勢は日曜に試合らしい。どうやら千葉と対戦するGもけっこうピンチらしく、
遠藤の他にも播戸、二川、橋本が出場できない可能性があるらしい。

浦和と言えば、スポーツ紙の記事には、ギドが今期限りで監督引退してドイツに帰ると。
この時期に何でまたこんな情報が流れたんだろう。
そんな記事くらいで浦和の守備が崩れるとは思わないけど。
でも崩れてくれないと混戦にならなくて面白くないんだけど。
早ければ次の次の節で優勝決まっちゃああうよお。

大宮はここにきて次節31節と33節のホームの試合が埼スタだね。
あえて埼スタにして集客作戦立てて盛り上げようとしてるのか、
終盤戦なら埼スタでも人数集まると見込んだけど予想外に売れなかったのか、
33節の無料券が手に入りそうだ。
でも。この日は今季最後の等々力での試合。
しかも最終節は都合でどこにも観に行けないので、リーグ戦最後の生観戦。
無料、だけど遠いし、結局交通費が等々力で一試合見るのと同じ位かかってたりするんだよな。
集客力の少ない大宮、赤いのに集客取られてる大宮。
元埼玉県民としては協力したい気持ちはありますが、注目してる川崎の試合を蹴っても、
交通費と時間かけてでも、って気が起きなくてさあ。あ、アリソンは見たいかも。

あと19日のサテライトと23日の第32節。雨降るかもしれないらしい。
困ったなー。冬の雨は士気が下がるって。競技場寒いんだも。

posted by gamerin at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○SOCCER(雑記)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。