2006年11月19日

■J1*第31節*結果

◆大宮0-3鹿島 (埼玉12094人 山西博文主審)
おお、動員効果あってか、大宮ホームの試合で1万人越え!なのに完封負け。
予想0-2だったんだけど、大宮が完封されるのだけ当たってしまった。
シュート数は11対12。

◆川崎2-1福岡 (等々力12871人 松尾一主審)
予想2-0(川崎:タニとクロツ)→実際2-1(川崎:タニとガナ)だった。

◆横浜FM2-3清水 (日スタ20258人 岡田正義主審)
予想は1-2だった。どうも2-0から2-2になって2-3らしい。
川崎は次節この清水とだ。

◆甲府2-0大分 (小瀬9156人 柏原丈二主審)
甲府はホームに強いので予想2-1と思っていた。
大分は前半12分て早い時間に西川が負傷交代したのが応えたのか?
後半16分に甲府はイエロー2枚で退場者が出たにも拘らず
無失点で抑えたってすごくね?と思ってしまった…川崎には出来ない業。
前節とか、アウェイG戦とか。川崎は数的有利でも浦和に勝てなかったよな。

◆磐田4-1F東京 (ヤマハ14406人 片山義継主審)
シュート数が21対20ってまた打ち合いだったんすかねえ。
予想3-1としていたが磐田よくやってくれたよ。
そういえば川崎は9月磐田に負けた後に負けこんだんだった。

◆名古屋1-0浦和 (豊田32109人 長田和久主審)
友人宅で飲みながらスポーツニュースを見て驚いた。
予想は0-2で浦和かと思ってたんだが。シュート数は3対18!?
やっべ、面白くなってきた!

◆広島1-0京都 (広島8182人 扇谷健司主審)
お、予想通りの結果。寿人とウェズレイは抑えられてしまったか。
後半41分に入れられたらきついな。

***

◆新潟2-2C大阪 (新潟 吉田寿光主審)
予想2-2。お、当たった。どうでもいいけど。

◆G大阪1-0千葉 (万博 松村和彦主審)
Gが勝って浦和との差を詰めたほうが面白いけど、
予想は意外と1-2で千葉かなと。外れた。千葉だめぢゃん泣。


浦和 65 +35
G大阪 62 +32
川崎 61 +27
----------------優勝可能性ライン
清水 54 +16
磐田 52 +17
鹿島 52 +3
大分 44 +3
新潟 42 -13
千葉 41 +1
名古 41 -1
甲府 41 -18
横浜F 39 +4
広島 39 -5
F東京 39 -9
-----------------降格しないライン
大宮 35 -16
-----------------入れ替え戦ライン
C大阪 26 -22
-----------------自動降格ライン
福岡 25 -22→→16位以下確定
京都 22 -32→→16位以下確定

ちなみに得点ランキング。
1 ワシントン 浦和 22
1 マグノ G大阪 22
3 ジュニ 川崎 18
3 我那覇 川崎 18
5 寿人 広島 17
6 播戸、ルーカス、ウェズレイ 16
posted by gamerin at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■SOCCER('06結果)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27806875
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。