2006年11月26日

★J1第30節*川崎−鹿島@等々力<生観戦>

行ってきましたフロンターレホーム最終戦。等々力締め。
最終節のC大阪戦、天皇杯甲府戦が見に行けないので、
もしかしたら今回が最後の観戦かもしれない。
そういえば今季初めて観た試合も等々力での鹿島戦(ナビ杯予選)。
そこでの憲剛のプレーが印象的で、川崎ウォッチャーになるきっかけとなった。
アウェーや代表の試合まで観戦するようになっちゃったもんな。

試合が始まる前に川崎市長の挨拶があった。
コメントが自然だったんだけど、けっこう試合チェックしてるのかなこの人。
「ジェフユナイテッド市千葉」とか言っちゃうどっかの知事とは違った。

さて。前半はマルコンのパスがカットされて、そこからの攻撃で失点。0-1で折り返し。
そういえば主審にパスカットされてピンチを招いた不運もあった。
後半は早い時間に我那覇と黒津交代。どうやら我那覇は負傷したらしい。
川崎は憲剛の得点で追いついた。やっぱ困った時は憲剛だな。
吉原と鹿島の田代が交錯した所で、主審がファウル取らないのにブチ切れて
何か叫びながらグローブを芝に投げつけた。イエロー2枚目で退場。鹿島はベンチも猛抗議。
まあ前からヒートアップ気味ではあったね。箕輪とアレックスミネイロが睨み合って
主審が間に入ったりしてさ。
ただ、相手チームが退場者出しても優位になれないのがフロンターレ。
嫌な予感してたんだ。
ジュニがゴール前の混戦を押し込んで2-1になるも、何度も攻め込まれて結局2-2にされる。
しかしロスタイムも終了間際。最後のチャンスになるだろうゴール前でFKをゲット。
その直後に箕輪が押し込み逆転。3-2で辛くも勝利。

谷口がイエロー4枚目をもらってしまったけど、
これで心置きなくアジア競技大会とやらに行けるな。
で、アジア競技大会って何ですか?

試合終了後にセレモニーが行われた。
フロンターレの社長と関塚監督と選手会会長として宏樹が挨拶してた。
それから、今季で現役引退する長橋、鬼木、今野の挨拶。お疲れ様でした。


次節出場停止→勇介、谷口
黄色3枚→伊藤
posted by gamerin at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★SOCCER('06観戦)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。