2006年12月16日

★天皇杯5回戦残り*浦和-福岡@埼スタ<生観戦>

天気もよく、風も無く、冬にしては観戦日和だった。
生観戦に飢えていたので、天皇杯浦和-福岡を観戦。
浦和は山岸サブで、ツリオ、三都主がいなかった。スタメンは以下。
福岡は正直、今いない中村北斗しか知らないのです、すまん。
「経営陣フロントはゼロ査定」って断幕が目立っていた。

◆浦和(3-4-2-1?)
GK:都築 DF:ネネ、坪井、内館
MF:相馬、平川、啓太、小野、山田 FW:ポンテ、ワシントン

◆福岡(4-4-2)
GK:神山 DF:宮本、千代タン、川島、山形
MF:宮崎、佐伯、城後、古賀 FW:薮田、田中

◆前半
・浦和が攻勢ではあるが、福岡のカウンターにピンチも。
・浦和、自陣で福岡にパスするなどミスが目立った。
・ネネでかいな・・・つうかツリオいなくても浦和でかいよ。
・福岡ワシントン徹底マーク。

◆後半
・立ち上がりはいきなり福岡のチャンス。しかし決まらない。
・その後浦和立て続けにCKのチャンス。しかし決まらない。
・福岡のGKもDFもゴールラインを割らせない。
・浦和、ペナルティエリアのすぐ外でFK、しかしワシントン外す。今日のワシントンいまひとつ。
・浦和、山田out、長谷部in。ボランチだった小野が前のポジションに?
・福岡、薮田out、有光in。
・福岡、ゴールキックのボールをキープし、シュートへ持っていくが決まらない。
・さらに浦和の最終ラインのミスからボールを奪うが、いかんせん決まらない。
・浦和、小野out、永井in。福岡、千代タンout、吉村in。
・ロスタイム4分も、0-0のまま延長戦突入へ。

◆延長前半
・福岡、CKをしのいだ直後攻め込まれ、ワシントンからのマイナスのパスからポンテが決めて、失点。浦和1点リード。
・福岡、宮本out、釘崎in。しかし徐々にワシントンへのマークも緩くなってくる。
・浦和リード時恒例、ネネの時間稼ぎ、今日も出た!!!!!!
・福岡疲れてきたのか、ボールを奪うも雑で前線に繋がらず。
・浦和、相馬out、細貝in。

◆延長後半
・福岡、戻りが遅くなる。マークも緩く、いつものでかい人に決められて2-0に。
・福岡一時流れを寄せるが、都築とポストに阻まれる。
・福岡守備が後手にまわり、あっという間に3-0にされる。気づけば浦和の完勝。

◆その他
・近くに声のでかい男がいて、監督気取りなのか応援もせずただひたすら選手に向かって指示を叫んでいた。かなりウザかった。
・あまりにウザイので前半で席を移動した。いくら浦和とはいえ、天皇杯じゃ席がガラ空き。ゴール裏も空きが見えた。
・たまに試合中文句ばかり聞こえよがしに叫ぶ奴がいるが、他人の迷惑など頭に最初から無いんだろう。こういう奴がサポーターを遠ざける原因になるかもしれないのにな。試合を楽しもうと来てる客にオ○ニー見せ付けてんじゃねーよ。
・浦和のホームっていつもこんな客ばかりなんだろうか。今まで色んな試合を見てきたけど、ここまでウザい迷惑な客は初めてだった。これが浦サポクオリティか。
posted by gamerin at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★SOCCER('06観戦)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。