2006年12月23日

★天皇杯準々決勝*浦和-磐田@埼スタ

また懲りずに埼スタに行ってきました。

磐田スタメン
GK:佐藤
DF:犬塚、上田、金、鈴木
MF:太田、菊池、ファブリシオ、福西
FW:前田、西

浦和スタメン
GK:都築
DF:内館、坪井、細貝
MF:平川、相馬、啓太、長谷部、山田
FW:ポンテ、永井

川口は怪我だったっけね。浦和は選手層の厚さを見せつけていますな。

前半
・立上りいきなり浦和のチャンス。しかし直後に磐田のチャンス。
今思うと、この試合ずっとそんな感じだった。攻めて守って目まぐるしい。
ま、傍観者からするととても面白かったんだけどね。
・埼スタは滑りやすいんだろうか、前半は磐田の選手足取られてるのが目立った。
・磐田の誰かが浦和エリアの中央付近にボール放り込んだところを前田が頭で先制(0-1)
・磐田左サイドにボール送って西が抜け出したりする。何回か。
・浦和チャンス作るも枠外。
・でも浦和は前回の福岡戦に比べて目に余る凡ミスは減少。
・なんとなく磐田DF右サイドの犬塚に注目。

後半
・浦和、平川out小野in
・立上り早々に浦和のゴール前に落としたボールを後から走りこんだ福西が決めて(0-2)
・相変わらず攻めて防がれて守って拾って攻めての繰り返し。あ、サッカーってそんなもんか。カウンターっす。カウンター攻撃。
・磐田ゴール前の混戦をしのいだ!入ったかと思ったよ・・・。
・ポンテが切れて福西にあたる。主審らが止めに入る。
・浦和、FKやCKやシュート等のチャンスを、あっさり止められる。
・54分、右からの折り返しを永井が決めた(1-2)
・山田のドリブルを倒してペナエリアすぐ外でFKを得る浦和。
・跳ね返すも、こぼれ玉を拾って中に入れたところを小野が頭でゴール。(2-2)
・やっぱ0-2じゃ終わらなかったな
・磐田、西out船谷in
・本日注目のDF犬塚攻めあがってシュート!しかし枠の上。
・磐田、福西out大井in
・80分、磐田のDF鈴木が足つってる間に小野が追加点(3-2)
・でも81分、注目の犬塚、角度の無い右からのシュートが決まって(3-3)
・磐田、鈴木outカレンin

延長
・相変わらず攻めて防がれて守って拾って攻めての繰り返し。あ、サッカーってそんなもんか。
・後半終了間際、磐田怒涛のゴール前の攻撃も、浦和防ぐ。ぐ。

PK戦
・生でPK戦観るの初めて。
・浦和は小野、山田、ポンテ、酒井、長谷部、都築、内館、啓太、坪井、細貝が決めた。
・磐田は前田、太田、金、上田、ファブリシオ、船谷、カレン、キクチ、大井まで決めたが、同点ゴールの犬塚が左に外して、浦和の勝利が決定。
・浦和の4人目、酒井はGKに跳ね返された?っぽかったけど、主審の判定でやり直し。それを普通に決めていた。

結果
浦和3-3(PK10-9)磐田

その他
・ファブリシオが試合後に退場になってたらしいんだけど、何したの?
・前回の福岡戦では、監督気取りのうるさい男がいたが、今回は、試合の間中ずっと雑誌を読んでいて全く試合を見ていない女がいた。何しに来たんだよ。
・つうか、前回初めて埼スタのビジター席以外に潜入し、今回2回目だけど、浦和って変なの多いわけ?2試合ともおかしな客に遭遇したわけだけど。
posted by gamerin at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | ★SOCCER('06観戦)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30145947
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

浦和 × 磐田
Excerpt: 第86回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会 準々決勝: 浦和レッズ 3-3(PK10-9) ジュビロ磐田 (2006/12/23) ■ 天皇杯では不振の続く浦和と磐田 2006年度も早いもので、あと..
Weblog: みのる日記
Tracked: 2006-12-25 03:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。