2006年12月31日

超個人的2006年観戦記録(J1・ナビスコ杯・天皇杯・サテライト・A代表)

【観戦合計】
27試合

【種類別観戦数(回)】
J1(17)
ナビスコ杯(4)
天皇杯(4)
サテライト(1)
A代表(1)

【月別観戦数(回)】
5月(1) NC予B川崎-鹿島
6月(1) NC準々決勝2川崎-浦和
7月(4) J千葉-G・J大宮-甲府・J川崎-G・JF東-広島
8月(2) J川崎-名古屋・J川崎-千葉
9月(6) NC準決勝1川崎-千葉・J横F-川崎・J浦和-広島・J川崎-磐田・NC準決勝2千葉-川崎・J等々力-広島
10月(5) A代表ガーナ戦・J川崎-大分・J川崎-浦和・J川崎-京都・サテライト川崎-大宮
11月(5) EC4川崎-鳥栖・J川崎-F東・J川崎-福岡・J清水-川崎・J川崎-鹿島
12月(3) EC5浦和-福岡・EC準々浦和-磐田・EC準浦和-鹿島

【場所別観戦数(回)】
等々力(13)
埼スタ(4)
フクアリ(3)
日産スタ(2)
味スタ(2)
駒場(1)
日本平(1)
国立(1)

【クラブ別観戦数(クラブ数)】
19回(1) 川崎
6回(1) 浦和
4回(1) 千葉
3回(2) 広島 鹿島
2回(5) 大宮 FC東 G大阪 福岡 磐田
1回(7) 横浜F 甲府 清水 名古屋 京都 鳥栖 大分

0回(14) 札幌 山形 仙台 新潟 水戸 草津 東京V 柏 横浜FC 湘南 C大阪 神戸 徳島 愛媛




【観戦詳細】
◆2006.05.21◆ナビ予選◆川崎2-1鹿島◆等々力
この試合で憲剛の絶妙パスと視野の広さにやられた。以来憲剛は特に注目。
ここからフロンターレウォッチャーになり始める。


◆2006.06.07◆ナビ準々◆川崎2-1浦和◆等々力
寒いのにビール飲んで余計寒がった。野人が途中出場。

◆2006.07.19◆J1-13◆千葉1-2G大阪◆フクアリ
オシムが大注目されていたせいかフクアリほぼ満員。
ちょろちょろ動き回る羽生に、ムシキングと個人的に命名。


◆2006.07.22◆J1-14◆大宮3-1甲府◆駒場
等々力の川崎浦和戦の予定だったのにチケ完売で、駒場の大宮を観た。
帰り、渋谷で勝って浮かれる沢山の浦サポと遭遇。


◆2006.07.26◆J1-15◆川崎3-2G大阪◆等々力
平日開催にも拘らず2万人超え。某企業の動員があったとかなかったとか。

◆2006.07.29◆J1-16◆F東京2-0広島◆味スタ
寿人2得点の活躍。ガーロやめろの断幕あり。本当にやめちゃったね。

◆2006.08.23◆J1-19◆川崎4-2名古屋◆等々力
大量得点!短所を長所で補ってる印象。

◆2006.08.30◆J1-21◆千葉1-2川崎◆フクアリ
2度目のフクアリ。やっぱ選手が近い。
川崎の選手をこんな近くで見たのは初めてだった。


◆2006.09.03◆ナビ準1◆川崎2-2千葉◆等々力
いつ試合が終わったのかわからなかった・・・。かなり後味悪い試合だった。
さらにマスコミの取り上げ方。今に始まったことじゃないけど、妄想記事に辟易。
そしてその報道を信じるバカがいるってのも問題だね。


◆2006.09.09◆J1-22◆横F1-2川崎◆日スタ
懐かしい元横国!!しかしホーム側の席であの政党があんなことしてたとはね。
NHKの録画も見たけど、ユースケの触ってねーよ!にはまった。プ。


◆2006.09.16◆J1-23◆浦和2-1広島◆埼スタ
初浦和美園。てゆか、ビジター席裏の売店しょぼすぎ。

◆2006.09.17◆J1-23◆川崎3-4磐田◆等々力
生観戦では初めての川崎の負けた試合。そして初めての雨観戦。
でも部活や野外ライブや自転車通勤でずぶ濡れには慣れてるので問題なし。
ただ前に座ってたガキの傘がうざかった。


◆2006.09.20◆ナビ準2◆千葉3-2(延長)川崎◆フクアリ
3度目のフクアリ。決勝進出の瞬間を見ようと思っていたのだが。
選手の、特にケンゴの鬼気迫るプレー、そして途切れることのない川崎G裏の声援、
今まで観戦した中で一番壮絶だった。森とか。
なんかこの試合を見てから、フロンタを応援したくなった。


◆2006.09.30◆J1-25◆川崎3-3広島◆等々力
今季ずっとスタメンだったGK相澤から元々正GKだった吉原にチェンジ。
ところが、寿人がハットトリック。ハーフタイムにはトランポリン中田のパフォーマンスも。


◆2006.10.04◆日本代表◆日本0-1ガーナ◆日スタ
憲剛目当てについに観戦代表戦デビュー。
寿人、我那覇が見れたうえに、憲剛が初召集初出場したため、試合に負けたことをすっかり忘れる。


◆2006.10.07◆J1-26◆川崎2-1大分◆等々力
川崎が9月にぼろぼろだった守備の建て直しを図った試合。

◆2006.10.21◆J1-28◆川崎2-2浦和◆埼スタ
首位だった浦和と3位だった川崎の直接対決。浦和サポが電波野飛んでるハートを作れば、
川サポはFの字を作って対抗。いつになく気合の入ってた勇介が三都主を振り回し、
絶妙なクロスで憲剛のヘディングシュートを演出。
でも直後に失点して結局ドローに終わったけど、浦和の優勝後に何かの番組で、
三都主は「大事な試合で簡単に抜かれてすいません」とか言ってたな。
ここで優勝戦線脱落かと思われたが、次節浦和が負けてわからなくなった。


◆2006.10.28◆J1-29◆川崎2-0京都◆等々力
二日酔いで、胃腸にやさしいうどんを食いながら観た試合・・・。
かなり堅い守備の京都をなかなか崩せずにいた。ハーフタイムで浦和が磐田に負けていてどよめきが起こっていた。


◆2006.10.29◆サテライト◆川崎4-0大宮◆等々力
初のサテライト観戦。立ち上がりからずっと大宮ペースだったが、
前半終了間際に大宮の森田が退場してからは一気に川崎ペース。飛弾の後半立ち上がり早々のゴールにはびびった。
その飛弾は最終節のセレッソ戦でJ1初ゴールを決めてたね。


◆2006.11.04◆EC4回◆川崎3-0鳥栖◆等々力
天皇杯4回戦、後半の35分位に先制点が入るまでが長かった!!
ずっと鳥栖の強固な守備に攻めきれずに逆にピンチを招いたりしていた。


◆2006.11.11◆J1-30◆F東5-4川崎◆味スタ
前半3-1で勝っていたにも拘らず、ジュニ退場によって狂い始め、
終わってみたら5-4になっていた。特にマルコンが退場してからは攻め込まれ続け、4失点。
柵飛び越えて抗議に行く川サポがいたり、なんか大変な試合だった。奥谷主審が有名に。


◆2006.11.18◆J1-31◆川崎2-1福岡◆等々力
川崎は前節大敗、ジュニ、マギヌン、箕輪といった主力が出れなかったがどうにか立て直す。
前節の大敗で優勝戦線脱落かと思われた川崎だったが、今節で浦和が負けたため、またわからなくなった。


◆2006.11.23◆J1-32◆清水4-3川崎◆日本平
初めて遠征と言える距離を移動して観に行った。日本平スタジアム。
前半1-1、後半に4-3になって負け、川崎の優勝が消えた試合。藤本にハットトリック決められ。


◆2006.11.26◆J1-33◆川崎3-2鹿島◆等々力
なんといっても後半ロスタイムの箕輪の勝ち越しゴールでしょう。
試合後には引退する長橋、鬼木、今野のセレモニーもあった。


◆2006.12.16◆EC5回◆浦和3-0(延長)福岡◆埼スタ
浦和が明らかに緩んでいた…。福岡のDFがしぶとくてゴールを割らせなかった。
近くにうるさく喚く浦和サポがいて、非常に不愉快極まりなかった試合。


◆2006.12.23◆EC準々◆浦和3-3(PK10-9)磐田◆埼スタ
磐田もよかったのに。延長でも決まらずPKに。しかもPK戦は八百長疑惑浮上。
浦和の酒井のPKがGKに止められたのにやり直しになっていた。でもそこまで早い動き出しではなかったらしい。
それと主審がPK戦開始前に両GKに早く動いたらやり直しさせると釘を刺したらしく、それでこんな10人までいったらしい。
犬塚の得点で同点になったのに、犬塚のPKで負けが決まってしまった。犬塚はアシストもしててよかったのに。


◆2006.12.29◆EC準◆浦和2-1鹿島◆国立
互角の戦いも決定機をものにした浦和の勝ち。とにかく風が寒かった。
posted by gamerin at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○SOCCER(雑記)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。