2007年03月20日

等々力競技場の行く末は

今日3月20日は、川崎のGK、川島永嗣選手の誕生日だそうな。
24歳だそうな。
おめでとうな。
応援してるぞ。


ところで「等々力競技場の陸上トラックを青色にする」
って噂を耳にしてはいたもののスルーしてたんだが、気まぐれに調べてみた。
ネット各地に載ってたのは、

・08年日本選手権開催に向けて、第二種競技場である等々力競技場を第一種の規格に改修工事予定。その際にトラックを「フロンタカラーである青にする」要望を川崎市がOKして決定
・決定後、日本陸連がNG出したため市が断念。NGの理由が
 「選手、審判の心理的影響を配慮」
 「青トラックで五輪、世界選手権、日本選手権レベルの大会開催実績が無い」
・ところが陸連に対し非難の声
 「ベルリンGLは青色トラックで開催されている」
 「06年に大分で開催された実業団の全国大会は青トラックだった」
 「09年ベルリン世界陸上は青色トラックで開催される」
・青色推進派が川崎市長に再考を求め中

みたいな感じ。


<陸上経験者としての個人的感想>
自分自身、陸上競技をやってたわけだけど、
(等々力でも走ったことある。どうでもいいか。)
赤以外の色のトラックは室内大会でしか見たこと無いし、
青色トラックを走ったことは1度も無い。
ので、心理的にどうなのかは未知だね。
慣れれば平気なんじゃねーの?とかね。
どんな環境であれ、記録を出せる選手は出せるんだろうし。
実際にトラックの色が記録に与える影響もはっきりしてない。
どっかの研究で青トラで記録が向上したって話も聞いたけど。
赤でないと計測機器が使えないとか(そんなんねーけど)
審判が判定困難になるとかいうのでないなら、
ま、実際やってみるのもいいんじゃねーの。と。

陸連が実際どういう申し出をしたかはわからないため
新聞記事等で判断するしかないが、陸連も言い訳が下手だな。
五輪がかかった大会を青トラックでやる冒険はしたくないんだろうけど、
これじゃ突っ込まれるって。
「前例が無いから」というのは無理があるし、
「心理的影響」ってのも説得力に欠ける。
競技場をサッカーにのっとられるのが嫌だと言ってると捉えられても仕方ない。

<ネット上の意見>
ネット上でもけっこう議論になってるようだけど、
「サッカーの事しか考えられないバカがいる」的な意見て、
単にサッカーファンとかサポをけなしたい奴らとか
単に煽って面白がってる奴らが多い気がした。
まあネット上の常だね。めんどくせえ。

<競技場について日頃思ってたんだけど>
つうかさ、各地の球技場(サッカー場)と陸上競技場を切り離せないかなあ。
とりわけ日本は土地も狭いから共存するのは仕方ない面もあるとは思うけどね。
自治体や金の問題もあるだろうし。
サッカー観戦する側からすると、
トラックがあるとピッチが遠くて見づらい。
陸上やってた側からすると、ていうより個人的な、
まさに心理的なことなんだけど、
Jの試合なんかだと看板やら何やら置いてあるし、
自分らが競技を行う場所がないがしろにされてるとか、
邪魔物扱いされてる感じがいい気持ちでは無い。
棲み分けできないもんかね。

<等々力観戦者としての個人的感想>
熱烈サポーターやってるわけでない一観戦者としてはさ、
けっこうトラックの色はどうでもよくて、
ゴール裏の席なしエリアを観戦しやすくしてほしいのと、
アウェイ側上方にオーロラビジョンがほしいのと、
メインスタンド全体に屋根がほしい。とか思うね。

てわけで、結論としてはもう陸上やってないから関係無いし、
署名活動してまで一生懸命青にしたいと願っている
青化推進派の方達の気持ちもわからないため、
けっこうどうでもいいでつ。
ただ、改修工事って税金だよな・・・・・。
posted by gamerin at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○SOCCER(雑記)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36439146
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。