2007年08月31日

番外編@<世界陸上大阪観戦記〜長居スタジアムの様子>

やばい。アリソンフェリックス速過ぎ。200mとはいえ、世界陸上の決勝であれだけ差をつけるとは。
レベテワ姉さんには、幅に続いて三段でも金取って欲しかったな〜。

とりあえず、せっかくなので世界陸上観戦記を書こう。
ということでまずはスタジアムの様子について。

長居スタジアムはこの世界陸上で初めて訪れた。
JRまたは地下鉄の長居駅、JR鶴ヶ丘駅からも近い。
長居駅からは南ゲート、鶴ヶ丘駅からは北ゲートが近いんだけど、
前売券の場合、指定されたのと逆のゲートに近い駅で降りてしまうとかなり歩かされることになる。

さらに、入場時のセキュリティは、空港のような感じで金属探知機を通された。
なので、時間には余裕を持った方がよいでしょう。といってももう残り2日だけど。
ただ、正直客の入りは良くないので、ひどい混雑にはなってなかった。
帰りもJリーグの試合より全然スムーズ。

Bnagaistadium.jpg
↑メインとバクスタには屋根があります

スタジアムの座席は、若干狭い気がした。足が窮屈な感じ。
選手の関係者なのか、観客席にはかなりの数の外国人を見かけたんだけど、
投擲選手っぽい人は座席に体が収まってなかった。
自分は外国のスタジアムって行ったこと無いんだけど、日本より席は広かったりするの?
外国人だけでなく、観客席にはフツーに、日本の選手もいた。
今回出てない800m日本記録保持者の杉森さんや、吉田真希子さんが一般客に紛れて観戦してるのを目撃。

スタジアムの座席は、種類がS、A、B、Cとあるんだけど、
エリアを区切るロープも無くチェック係もいないので、種類の違うチケ持ってても入り放題。
座席も埋まってないから余裕で好きな場所に行けてしまう。
ぉいぉい〜アメフトW杯の時に懸命にチケットチェックした苦労は一体何だったんだ〜。関係無いけど。

特に、予選種目しかない午前の部はガラガラなため、オール自由席状態。
席を埋めるための苦肉の策なのか、午前は幼児や小中高校生の団体客だらけだった。
だが、そのせいで短距離種目のスタート時も競技場がざわつき、
アナウンスの人が必死に「お静かに」とか「しー」とかなだめてたのが痛々しかった。
まー、幼児や小学生のガキなんて、言ったって聞かないお年頃だし、
号砲前の一瞬の静けさと緊張感を楽しめるようなお年頃でもないし、仕方ないのかねえ。

Aへ続く
posted by gamerin at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇その他スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。