2007年06月17日

★2007J1 川崎-柏【ハシゴ観戦その@】

あづい中まずは等々力へ。なんとかバクスタの日陰をゲットした。

フロンタは3試合勝ち無しの中、
ジュニの出停、マギの怪我で外国人選手不在。
ていうか寺田も怪我?DFラインには佐原が入ってた。
FWに黒津、トップ下は大橋、ボランチには落合。

試合自体は柏に押されてる時間が多かった。
前半の序盤はシュートが打てない時間が続き、
先発復帰した我那覇は得意の角度から2度のシュートも枠外。
まだ本調子ではないのかね。
0点なのに後半になって森下げて井川を入れたのは何でだろうと思ったけど、森は風邪だったんすか。
大橋が下がって谷口がボランチに入り憲剛がトップ下に移ってから、
いい動きも見れた。
黒津がGKと1対1になるも決められず。
柏DFに押されてたようだったし、きき脚じゃなかったせいか。
黒津に代わった久木野もよく走ってたけど、決定機が無かった。
それにしてもフロンタは、外国人選手がいないと憲剛頼みになってしまうな。
DFのほうは川島の活躍で失点を抑えられてた。
2度もヘッドで1対1を防ぐとは。
柏がシュートを外したのにも助けられていた。
それは川崎も同じで、柏の最小失点DFと、枠外シュートで得点できず。

0-0で試合は終了。
日陰にいても暑かったんだから、直射日光はものすごかっただろう。
柏の試合を見るのは初めてだったんだが、柏サポのテンションも熱かった。

これで川崎は4試合勝ち無し。

そして自分は試合終了早々、次の試合へ移動。
posted by gamerin at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★SOCCER('07観戦)

2007年05月27日

あ〜ぁ。★2007J1第13節:川崎−大宮【生観戦】

じゃ、適当に観戦レポるか。

ジュニーニョ、谷口の出れない(あと監督も。)川崎スタメンは、
左サイドに黒津、ボランチに落合。トップ下に大橋とマギヌン、我那覇の1トップ。(んで高畠コーチ。)
主審は家本!荒らさないでくれ〜。でも今季カードは大宮の方が多いよな。

大宮は、比較的近いだろう距離なのにビジター席のサポの数少ない?
元々レッズにサポ取られてる上に、最下位争いの中のアウェイだからな、少数精鋭が揃ってんだな。
以前大宮に所属してた川島にしつこいブーイング。

::前半::
日差の照りつける等々力競技場、攻める方向がいつもと逆で15時にKickOff。
川崎がボール持たされて堅守に跳ね返される展開かと思いきや、
川崎ペース→大宮ペース→川崎ペース・・・て感じだった。
でも前半は大宮の方がシュートまでいってた。
川崎の右サイドで主税に3人抜かれる場面もあり。
川崎は攻めるもののシュートまでいけず。
左の黒津が大きくサイドチェンジしたボールをユウスケがクロス上げて、
それを大宮のGK荒谷が触って弾いたところにいた黒津がシュート打った場面もあったが、
大きく枠外に飛んでしまった。
しかしマギヌンとジュニのコンビネーションが無いとここまで決定機作れないものなんかね。
0−0で前半終了。
ところで、大宮サポってあんなにブーイング多かったっけ?

::後半::
前半に引き続き流れを掴むもののゴールが遠い。
我那覇は何度かチャンスがあったが全て枠外・・・。
憲剛はなんか今日プレーが粗かった。大宮のDFも粗かったけどさ。特に3レアンドロ。
だが、後半20分頃、中央のマギヌンがドリブルで攻め込み、ラストパス。
左から走りこんだ大橋がそれを決めて先制!
大宮は30分を過ぎて、森田や若林といったでかい選手を入れてくる。
一方川崎は、大橋に代えて原拓、落合に代えて河村を投入。

そんで、起こってしまったのはロスタイム2分の表示が出た後だった。
自分のいた所からはよく見えなかったんだが、大宮が前線にロングボールを出し、
いったんシュートを弾いたように見えたが若林が決めてしまった。
橋本のクロスに若林が頭で合わせて直接入ったようだ。
川崎の観客ドン引き。

そのまま試合終了。明らかに勝点を逃した。大宮は拾った。
川崎は前節大分に負けてるし、勝たなきゃいけなかったよな。
スタッツ見ると、シュート数が10対7で川崎の方が多いんだけど、
そんなにあったかなあって印象。


大宮サポはドローだけど大盛り上がり。
これで大宮は得失点差で最下位を1日で脱出。
なんと勝点10で千葉、大宮、横浜FCが並んでいる。
川崎は勝点22で3位だが、勝点1の差で柏、清水、名古屋、広島が迫っている。
2位は浦和、勝点24。浦和も今日はドローだったらしい。
ガンバが勝点28で独走。これはいかんよぅ。

家本は特に大きな問題を起こさなかった。
流すことが多くなったなと思ったけどね。

これからの名古屋、柏、広島、磐田らへんどうするんだ。
posted by gamerin at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★SOCCER('07観戦)

2007年05月19日

ウェズレイの日。★2007年J1第12節 千葉−広島(フクアリ)【生観戦】

今季初のフクアリ。ピッチも見やすくて駅からも近くけっこう好きなんだなここ。
実は週末に来たのは初めて。
平日の夜は慌しく競技場に入ってたのでグルメを楽しむ余裕が無かったが、
今日はサマナラのチキンカレーにタコスにカツサンド。食い過ぎ。
スタジアムの食べ物って、安くない割りに…な味が多い印象があるが、
フクアリはスタジアムレベル以上で普通においしい。
前半までは日差もきつく暑かったのに、後半の途中で突然の雷雨。
雨対策しといて助かったよ。

試合のほうは。
前節、FCトウキョウ戦でミスから大失点した千葉と、三浦の最年長ゴールで負けた広島。
主審は西村雄一。

<前半>
・いきなり立ち上がり5分ペナルティエリア内でイエロー。千葉の選手がハンド取られたらしい。
広島がこんな時間にPKゲット。ウェズレイが決めて早くも広島リード。0−1。
・10分過ぎ、スライディングした後あたりから動きに異変のあった勇人が負傷交代。残念、勇人のプレーも楽しみにしてたんだが。
・柏木が水本と小競り合いしてイエローもらう。
・左のショートコーナーからウェズレイのシュートがすり抜けてゴール。0−2。
・寿人とウェズレイのコンビプレーからウェズレイが3点目をあげる。0−3。
・というわけで前半は0−3。千葉はボールを持つものの、広島の早い寄せに攻め込めない状態が多かった。広島はカウンターのチャンスをものにした感じ。

<後半>
・千葉の動きがよくなり、ゴール際まで押し込むようになってくる。そんな中、水野が得点し1−3。
・さらに攻める千葉、しかし広島ゴール付近で盛田と羽生が激突、頭をぶつけたようで両者倒れる。
羽生はそこから復活できず、担架でピッチ外へ出されそのまま交代。
その後、ちょうどホーム側のコーナー自由席の下のゲートに救急車が到着したのが見えた。羽生搬送?心配になる。
・羽生が倒れた直後から雷雨になり、かなり大粒が降って来た。
・千葉は攻め続けるものの、枠外シュートやGKのセーブで追加出来ず。
・1−3で試合終了。

千葉の公式サイトによると、羽生は脳震盪で、大事には至らずとのこと。よかった。

雨が降ってくると、前方の席で雨対策の無い客らは次々と後方へ避難していた。
が、その中で一人、頭からずぶぬれになりながら観戦を続ける修行僧みたいな奴がいた。
レプユニとか着てなくて私服な上に、見るからに着替え持ってなさそうな荷物でさ。
でもにわか雨だったので競技場を出る頃は雨止んでた。
そういえば、去年天皇杯の浦和-福岡戦でいたような監督気取りの客が
大声でどなっててマジうるさかった。人前でオナるなボケ。

----------

ところで、大分−川崎戦、何が起きたんでせう。
またジャッジに対する抗議ってとこかねぇ。
後半44分にジュニーニョが2枚目の黄紙で退場、
同時刻にユウスケも黄紙。さらに関塚監督退席・・・。
主審は柏原で、黄色9枚も出てます。
去年も関さん退席したのはアウェー大分戦だったよな。
んー、成長してないんですかね。
今年はそういうメンタル面は改善したと思ってたけど。
まさか今年も起こるとは思わなかった。
川崎は強いのか、弱いのか、なんだかよくわからん。
posted by gamerin at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★SOCCER('07観戦)

2007年05月09日

祝!!川崎ACL予選突破★2007ACL第5節グループF 川崎-アレママラン(等々力)【生観戦】

なんとかキックオフに間に合いますた。
でも、都心で光化学スモッグに当たったせいか、
競技場ついたら頭がぐらぐらしてた。まあそれはいいとして。

今日の川崎は4バック?
森が下がり箕輪、寺田、伊藤。
その前に河村が入り、その前に谷口と憲剛、
その前にマギヌン、ジュニーニョ、テセ。
GKはもちろん川島。

アレママランは、本当に12人しかいなかった。
唯一の控えはGK。
ていうか、青いユニフォーム、川崎の水色とかぶって見づらかった。
慣れたけど。

試合はというと、終始川崎がボールを持っていて、
ほぼコート半分でしか試合してなかった。
マランは11人DFでベタ引き。ALSOKのCMを思い出した・・・。
3分に、ジュニの左からのボールをケンゴが決めていきなり先制。
だがその後は後半30分近くまで、攻めては弾かれるか、シュート外すか、といった感じ。
谷口の守備はことごとくファウルを取られていた。
森がキレ気味になった時の「ユースケ!!」といさめるサポの声が応援よりでかかった。
マランの選手に疲れが見えてきた頃に憲剛、河村と交代した原田の得点で突き放す。
そのまま3-0で勝利し、ACL予選突破決定!!

サポはお祭り騒ぎ。くす玉割ったりしてた。
選手らはACL予選にJのクラブで初めて決勝Tに進むことから、
「あいのり」をぱくった「はつのり」Tシャツを来て挨拶。
おめでとう。

なんだかなー隔世の感だよ・・・。とかいって、
全然古参じゃないけどさ、試合見始めてまだまだ日は浅いんだけどさ。
自分が初めてフロンタの試合見た頃はJ2で、
何の予備知識も無く試合見に行って、選手も全然知らなくて、
我那覇やジュニーニョの名前覚えて帰ってさ。
席もけっこう余裕で選べて、TVや雑誌の露出も少なくて、
それがいつのまにか、日本代表選手が何人も出てきて、
J1で優勝争いしちゃうし、日本のクラブ代表としてACLに出ちゃうし。
すげーな。
posted by gamerin at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★SOCCER('07観戦)

2007年05月06日

★大橋の日‐2007年J1第10節 川崎‐FC東京【生観戦】

今日は完璧川崎目線。

雨といえばー、自分が最後に本降りの中観戦したのは去年の等々力、川崎‐磐田戦。
OB戦も行われたあの日、磐田に敗れてからガタガタ崩れたんだよな。
直後のナビスコ杯準決勝第2戦inフクアリでは1本のPKで敗れ、
その直後のアウェーガンバ戦では大敗し。
雨、いいイメージねえや。

FC東京といえばー、前記事でも書いたように味スタでの大逆転負け。
ジュニ、マルコン(懐かしい)の退場からガタガタ崩れたんだよな。
つーか、何であのチームとの対戦を”伝統”にしちゃうんすか。
品位の無いサポの多いチーム。ま、クラシコなんて勝手にしてくれって感じ。
ただ、負けてほしくないね。

さて、自分が着いた頃は、等々力競技場の雨に濡れないゾーン(2階席とメイン以外の1階後方)は
既に埋まっていた。逆に普段埋まってるメインとバクスタ前方はガラ空きだった。
雨観戦じゃ濡れること大前提の自分にとっては、席が選び放題て感じ。

んんで、今日の川崎のスタメンは
憲剛が復帰し、黄紙累積で出停のマギヌンに代わりトップ下に今季加入の大橋。
FWには黒津が入り、後はいつも通り。
GK川島、DF箕輪、寺田、伊藤、MF憲剛、谷口、森、村上、大橋、FWジュニーニョ、黒津。
一方、FCトウキョウは茂庭がいた。あと今野、福西がボランチ、トップにルーカス。
ワンチョペが控えに入る。

・前半
立ち上がりから攻守の切り替えの早い展開。
・前半2分
いきなり大橋ドリブルで一人で攻め込んでDFかわしてシュート。1-0。
え、入ったの!?て感じだった。でも選手が喜んでるし副審も走ってるから入ったんだ!
・前半11分
黒津が左から決めた!!2-0。
・前半43分
ジュニがPAすぐ外でFKをゲット。
ちょっと壁に近いかと思っていたら、大橋が直接決めた!!3-0。
・前半ロスタイム
右の角度無いところからの憲剛のシュートをGKはじいたところに村上が走りこんで4-0。
・4-0で前半終了
でもこの点数、どうしても前回の試合を思い出して余裕になれない。何気にトラウマ。

・後半開始
FCトウキョウが2人選手を代えてきた。ワンチョペでけぇ!
・後半10分頃
段々トウキョウがボールを持つ時間が増えてきてシュートも増える。
瓦斯サポから「こうげき〜こうげき〜はらとうきょ〜」しか聞こえてこなくなる。
・後半18分
河村in、大橋out。河村がボランチ、憲剛がトップ下に。
・後半23分
黒津のシュートをDFがはじき、それをジュニが決めて5-0。
・後半30分
PA内で黄紙発生。トウキョウにPKを与えてしまう。
ルーカスのPKは川島の反対側に刺さり、5-1。
・後半32分
久木野in、黒津out。
・後半38分
原田in、憲剛out。
・後半41分
左のCKからヘッドで落ちたところ石川に決められ失点。
セットプレーからの失点か・・・。いつもセットプレーでやられるね。5-2。
・5-2で試合終了


勝ったはいいけど後半の2失点がいただけないね。
不用意なPK与えたところとか。
箕輪はなんつうかプレーの出来不出来がなあ。
そんで次は黄紙累積で出場停止。

それから、憲剛がいた方が攻撃の幅が広がるね。
ボール奪ってからの展開が速いし前節よりサイドよく使えてる。
さらに今回は大橋が攻撃でも守備でもよく動いてたし。
実は今季加入の河村、大橋、落合の区別があまりついていなかったんで
(ほんとすまん、エセサッカーファン丸出しっすね)
でも今日の試合で完璧覚えた。もう大丈夫。何がだ。

ていうか、試合開始前にいつもの下品なお歌を歌ってたトウキョウサポだけど
負けたっつーことは○○○以下だな自主規制。

んで、競技場から出てく客に見えるような位置に、水曜に行われるACLのマラン戦の宣伝が。
文面忘れたけど、定時退社してJのクラブでACL決勝初進出の歴史的瞬間を見ようみたいな。
煽るねえ。
posted by gamerin at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★SOCCER('07観戦)

2007年05月03日

★2007年J1第9節 横浜FM-川崎(日産スタジアム)【生観戦】

あー、寒かった。
45分も自転車漕いで日スタに行き、夜風に当たって汗が冷えたから。
じゃなくて、試合内容が。

ここ2試合大量得点無失点で勢いづくマリノスと、
ACL含めここ6試合負け無しでこの勢いを持続したい川崎。

場所が近いせいかアウェイの川崎側席も大入りで、
サポの声もマリノスに負けない位聞こえてくる。
何よりこの気合の入りよう。
ビジターエリアが等々力のバックスタンドのようだよ!!

070503I.JPG


主審は高山。まあまあ。
川崎スタメンは審議中の我那覇、故障中の憲剛に代わりテセと河村が入る。
サブには黒津と久木野。


んで、以下まとめ。

・試合開始早々4分に、箕輪?がヘッドで川島に返そうとしたところを大島に拾われ失点。完璧に判断ミス。
・そのままずるずるマリノスペース。早いプレスにパスも繋がらず、個人で突破をかけるもすぐにマリDFが2人3人と寄ってきて奪われる。
・1−0で前半終了。
・後半もそんなんでシュートすら打てない。それでも浦和戦の時は一度流れを引き寄せて一気に2得点したが、今回は流れを掴むことすら出来ず。
・後半15分位に河村out、佐原が、佐原がin。どうやら寺田がボランチにあがったらしい。
・んが、後半20分位にペナルティエリアすぐ外の位置でFKを与えてしまい、山瀬兄に直接決められ2−0。
・失点直後、村上out、黒津in。そのまま黒津が左サイドに。
・後半35分位に、マギヌンがうまく抜け出し、そのままゴール。やっとのことで2−1に。
・黒津が何度かチャンス作るも、作っただけ。
・後半40分位に、テセout、久木野in。久木野を公式戦で初めて見た。
・2−1で終了。

んー、まあ、リーグ戦中何度か来るであろう下降の波が来たのかなと。試練の時。
これから中2日でFC東京、アレママラン戦と主力の出場が微妙な中の連戦。
ホームなのが不幸中の幸いってやつか。

次はそんなんでFC東京戦ですが。←もう次のことしか考えてない
思い出すのは去年の味スタ。
我ながら感情的な記事書いたよなあ。


posted by gamerin at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★SOCCER('07観戦)

2007年04月22日

★2007年J1第7節 浦和-川崎(等々力)【生観戦】

1ヶ月ぶりの生観戦!埼玉スタジアム行ってきたよ。
そんでついにこの瞬間を見てしまった。
レッズのホーム25試合無敗記録の終了。
風は強いが、寒くなく天気もいい。

◆客席→ビジター席完売ということもあり自分がついた開始1時間前にはビジター側は真っ青になっていた。
選手入場時には青と黒のパネルで縞模様を作っていた。

◆スタメン→浦和はツーリオがいない。川崎は森がいない。(後で二人とも怪我と知った。)
んで川崎はFW3人!?黒津が左サイドに入ってめちゃ攻撃的じゃん・・・と思ったんだが。
実際は、特に前半は攻撃的にならんかったなあ。村上が右サイド。
主審は吉田。何事も無ければいいな。

◆前半→立ち上がりから浦和攻勢。いきなりゴール前にボールくるし、CK2本連続くるし。
川崎はボールを奪っても攻撃が繋がらず、シュート全然打てない。
逆に浦和は何本も打ち、オフサイドや川島のファインセーブで助かっていた。
攻撃が持ち味の川崎がシュート打てないってどうよ。

◆後半→風の影響って多少なりともあったんだろうか。前半川崎は風上に向かって攻撃しなければならなかったが、後半に入って風下へ攻撃できるようになった。
すると川崎は立ち上がりからパスが繋がって、攻撃の形が見えてきた。
黒津が左サイド突破してシュートというかクロス?を中央に入れたところ我那覇が滑り込んで先制したらしい。
遠くて誰だかわかんなかったんだけどね。我那覇は今季初ゴールかぁ。
しかもそのまま流れを掴んでまた左サイドからのボールをマギヌンが入れて0-2。
このまま無失点で終わればと思ったものの、再び流れは浦和。
Ckからのボールを拾った永井がDF2人をかわし、
中央に出したボールを押し込まれ、掻き出そうとするも一瞬遅くラインを割り1-2にされる。
その後、足つった?っぽい黒津と井川が交代。
井川ってことは、1点差を守るってことなんだろうか。
その後浦和も小野が交代で下がり、川崎も谷口が下がり河村が入る。
浦和の攻撃を耐える。時間が長いー。
我那覇outテセin。テセ元気なんだからDF掻き回せよ。
と思っていたらDFのボール奪ってシュートまで持ち込むけど、シュートあせりすぎくね?都築の正面でしっかり止められる。
その後も中央のワシントンに何度もボールが渡るものの、しぶといDFと川島と枠外シュートとオフサイドのおかげで助かった。
4分のロスタイムが長かったが、待ちに待った笛が鳴って、勝利。

◆初勝利→川崎は浦和にリーグ戦初勝利、しかもアウェイで。おめでとう。
さらに浦和のホーム無敗を止めた。
ツーリオがいないからとか言われてるけどさ。勝ちは勝ちっすよ。
川崎は、最後までチーム内で攻撃と守備に対する方向性が合ってたように見えた。
ま、水曜にACLもあるので油断しないでほしいっすね。

◆黒津→黒津のスピードいい!左利き!

◆イオン→今日初めて美園のイオンに入った。でか!夕飯食って帰った。言うまでも無くサポだらけだった。
posted by gamerin at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★SOCCER('07観戦)

2007年03月21日

★2007年ACL第2節グループF 川崎‐バンコクユニバーシティ(等々力)

生観戦。
一言で言うとフラストレーションの溜まる試合だった。
枠に行かないシュート。時間稼ぎ。
隣にいた兄ちゃんがかなりキレててウケた。

[観客数]
客の入りは見た感じ普通。これだよ。横浜FC戦がおかしかったんだ。
やっぱ注目選手がいると違うんだな。
それでもキックオフの頃には全体的に埋まってた。
でも客数は1万人ちょっと。フロンタの招待券ってカウントされないんだっけ。
バンコク側のエリアには、バンコクに所属してる日本人選手深澤向け応援団が3人程いた。
晴れて風も弱く、気持ちのいい日光浴日和だった。

[フロンタ側スタメン]
谷口がベンチで河村。我那覇がベンチで黒津。
クラブ側判断で出場停止の森勇介に代わって右サイドに井川。
審判団はシンガポール。

[立上がり]
バンコクのプレスが早くDFラインでボールがまわる。
バンコクは隙を見でボールを奪い、前線に放り込んでカウンターを仕掛ける。
フロンタ側は全然その展開と速さについていけず、7分早々に失点。

[前半]
徐々にフロンタも黒津やジュニにまでボールが渡るようになり、
続々シュートを打つも、枠に入らない。GKにキャッチされる。
CKも何本やったことか。面白いほど決まらない。
Jでの試合の感覚でボール持ってるとバンコク側は目ざとく奪ってくる。
パスも遮られて攻撃が繋がらない。ほんと目ざとい。
一度ゴールラインを割ったかと思われた場面もノーゴール判定され。
前半は0-1で終了。

[後半]
バンコク側に2枚目黄で退場者が出て数的有利に。
フロンタ側は20分過ぎから選手交代を始め、
河村out我那覇in、井川out谷口in、マギヌンoutテセin。
しかし流れは変わらず、というより90分間ずっと同じ調子で、
攻めては外すか撥ね返され、カウンターでピンチになり、の繰返し。
バンコク側は結構荒いプレーで前半も黄が出ていたけど、
特に後半はバンコク側の選手がいやらしいっつうか。
GKは遅延するし、選手は倒れまくるし余計いらつかせる。
ジュニ、我那覇ニュース見たら黒津だった の連携から1点返したかと思ったらバンコクのオウン。
つくづくテンション上がらなかった。
で、1-1のまま試合終了。


さて、シドニー対浦和はどうかな。
TV無いからネットで拾った音声でも聴こ。
posted by gamerin at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★SOCCER('07観戦)

2007年03月17日

★2007年J1第3節 川崎-横浜FC(等々力)生観戦

2007年初の生試合観戦、初等々力。川崎目線で書きます。

【去年と違う!!その@・・・・・・客の数】
まあいつもの様にキックオフ1時間前に競技場に着いたんだが、
何だこの観客の多さは。メインもバクスタもアウェイ寄りまで埋まってやがる。
当然バクスタ2階アウェイ寄りの席も開放。
やっぱさー、G裏の席無しスペースなんとかしようよー。

【すためん】
川崎スタメンは怪我?の我那覇に代わり黒津、出場停止の谷口に代わり河村。
村上や川島など新加入の選手がどんな様子かも楽しみだった。特に川島!!
一方横浜FCスタメンは、三浦知、奥、久保、しか知らない。すんません。

【去年と違う!!そのA・・・・・・連携】
前節、前々節の試合を見てないのでこの試合だけ見た感想。
相手の守備にも問題があったかもしれないが、
速いパス回しが見られたり、連携が格段に去年よりいい。繋がる。

【去年と違う!!そのB・・・・・・守備と攻撃の意識】
ポジションに拘らず守備と攻撃の意識が浸透しているようだった。
だから攻撃が以前より厚くなってたし、
守備についても(横浜FCが守備的なチームだから余計なのか)
早い段階で攻撃の芽を摘んでいたように見えた。
それに後半、森が退場して10人になってからの約30分、
数的不利を感じさせない攻撃で2点も追加していた。
前節の神戸戦も10人になってドローで耐えたが、
1人少なくなって総崩れした去年とは、意識が明らかに違う。
ただ、数的不利を感じさせなかったのは別の理由もあるような気が(後述)。

【去年と違う!!そのC・・・・・・森?】
髪短くなってて一瞬誰だかわかんなかった、じゃなくて。
3点目は、森が右サイド突破して上げたクロスからの流れってことで
一応点に絡んではいたけど、全体的に試合に絡んでない。守備も攻撃も。
あーでも初得点なるか??て場面もあったけどね。
第1節を見に行った友人も同じような感想言ってた。
大人しいっていうか。粘りが無いっていうか。
その上いきなり黄2枚で退場。去年より悪くねえ?
メインで見てたため2枚目はどういう経緯だったのかわかんなかった。
(審判にむかついてペットボトル蹴ったからとか交代嫌がって遅延行為したからとか、
いろんな説が出回ってますけど。どれが正解?)
そんなわけで、申し訳ないが、正直今日の森なら退場してもあまり影響ないのでは、
と思ったら、試合もなんかそんな感じで進んでしまった。

【とてつもなく寒かった】
5点目くらいからもうちらほら帰る人もいたが、
無失点で終わるかどうかが見たくて耐えた。
2節までFWがまだ点とって無かったから、今回こそと思ったけど、
ジュニーニョと黒津がやってくれた。黒津いいね黒津。


【結果 川崎6-0横浜FC 主審扇谷】
前半
14分 ジュニーニョ(ミドル?)
23分 村上(DFに防がれたかと思ったが、副審がライン割ったと判定)
44分 マギヌン(森クロス〜頭〜GK弾く〜押し込む)
後半
03分 ジュニーニョ(自分で)
24分 黒津(角度の無い左からのシュートが決まった)
35分 黒津(自分で)
posted by gamerin at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | ★SOCCER('07観戦)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。