2007年09月09日

番外編D<世界陸上大阪観戦記〜道頓堀>

世界陸上モードだった大阪をご紹介。

カニ  カニも日本を応援していました。




グリコ  日本代表ユニ。違和感無さ過ぎ。




クイダオレドール  日本選手の出場種目が全て終わってしまった最終日に撮ったので、もう五輪へ向けてのメッセージになってました。



ディスクスロオウ  TVの露出がほとんど無かったので、現地観戦に行った人でないとその存在を知りえないであろう、世界陸上大阪のマスコット、トラッフィー。これは鶴ヶ丘駅の近くの円盤投Ver。



ロングジャーンプ  こちらは、心斎橋の近くの世界陸上特設ブース。走幅跳Verのトラッフィーがお出迎え。
実はトラッフィーには、棒高跳、走高跳、ハンマー投、槍投、砲丸投、ハードル、リレー、長距離、短距離のバージョンもありました。十種競技の範疇を越え、もはや陸上界のガチャピン。



ていうか今回、日本人選手は空回りしちゃったみたいですな。
地元開催が有利に働くかと思いきや、逆に重圧になったようだ。
これが来年の北京五輪、そして日本陸上界の将来につながれば、みたいな意見が多いようだ。
自分は陸上に限らず五輪出場を目指す選手とか、U22の五輪予選とか応援しちゃうんだけどさ、
そもそも北京で五輪開催することにあまり賛成できないんだよな。

それにしても、50km競歩の誘導ミスはひどすぎる。
今のところ救済措置は施されないようだ。
あれだけの過酷なレースをもう一度ってのは大変だろうが、
実力で五輪出場を決めて欲しいとも思う。
ネット見ると、今回の世界陸上大阪の運営はあまりよくなかったらしい。
個人的にはチケットチェック無しなのが不満だったけど。
スポーツ大会の運営で、しかも毎年とかじゃなく一発勝負的な大会で、
スムーズに運営できたって話のほうがあまり聞かないけどな。
何度か運営のボラスタ参加したことあるけど、効率の悪さはどこでも目に付いたしな。

あと気になったのは、競技中に手拍子、拍手を煽る映像+音。
観客とタイミングがずれたりして、微妙だったんですけど。
わざわざ煽らなくても、選手が手拍子求めれば叩し、
トラック種目のクライマックスでは拍手しちゃうって。
やるんなら映像のみで音声はいらなかったと思う。
しかも、助走の時の手拍子って、選手が走り出したら
手拍子もそれに合わせてテンポアップするもんだよな?
あの映像のせいでずっと同じテンポで叩いてた人多かったけど。
ま、細かいことはどーでもいいっすけどね。
posted by gamerin at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇その他スポーツ

2007年09月08日

番外編C<世界陸上大阪観戦記〜9日目朝&夜の部>

[朝の部]
前日夜の部を最後まで観て、この日7時スタートの女子マラソンを観に行くのは
けっこうきつかった・・・。
長居スタジアムでスタートを見送った後もずっとスタジアムに残りパブリックビューイング。
といっても音声は流してくれなかった。
連れがワンセグケータイ持ってたので、その音声聞きつつまったりマラソン観戦。
普段は思わないのに、こういう時だけワンセグいいなあと思う。

marathon2.JPG

レースのほうは、第1.5集団位につけていて不気味だなーと思っていた
ンデレバがじわじわ上がり、最後仕掛けて優勝。
ずっと第1集団につけていた土佐は、一度離されてからの粘りが本当に凄かった。

パブリックビューイングのほうは、競技場に戻る選手がまばらになってくると、
大画面に観客映したりして間を取り持って盛り上げようとしていた。
でも、ナレーターの人、盛り上げるの慣れてないのか、何か必死感が漂っててうけた。

ちなみに、このマラソン最後の選手がゴールしたのが11時近かった。
3時間52分で、ベリーズって国の選手だった。脚がもう死んでてほとんど歩いてる状態。
そんな中でもゴールまで行き着く根性がすごい。
この選手、脚つったら後ろ向きに走って治してたんだが、そんな方法で治るんすか!?


[夜の部]
最終日ではあったが、日本選手が誰も出ないせいか昨日ほど席は埋まっていなかった。

◇女子走高跳決勝
皆細長いっす。ていうか、幅、棒高もそうだけど、跳躍種目は美しいっす。
セントルシアの選手なんか、筋肉もどこについてるのかわからんくらい枝みたいに細かった。
それなのに1m90台をぽんと跳んじゃうんだからなあ。
ロシアのスレサレンコは、体操選手みたいにバランスのいい筋肉をしていた。
たった9歩の助走で2m跳んでしまうのは、あれだけの筋肉があるからだろう。
優勝は、やはり大本命ブラシッチだった。1m90以上ある身長はそれだけで武器だよな。
クリアした後、喜んで踊ってたのが面白かった。
スウェーデンのベリクイストがあっさり落としてしまったのが残念だった。
1m75の身長って普通に高いほうなのに、この競技の中では低いって言われるんだな。
フィールドはヨーロッパ強いよなあ。

HJtrain.jpg

ところでトラック種目はTVでもしっかり放送してくれるが、
フィールド種目はトラックの合間に、ついで程度にしか放送してくれない。
基本トラックとフィールドは同時進行だから、TV制作側も苦労して入れてくれてるんだろうが。
やっぱフィールド種目は現地観戦してよかったと思った。
(オダユウジのどうでもいいコメントも聞かなくて済むし。)
ブラシッチの愉快な踊りもTVじゃスルーだったしな。
ああいう場面観れたのは現地観戦ならではだった。

◇男子槍投決勝
前日観た十種のヤリも十分凄いと思ったが、それ以上だった。
フィールド一杯使っている。反対側の走高跳のマットにまで刺さりそうな勢いだった。
優勝の選手は90m越え。
この90mの距離感も、現地観戦でないとわからないんだよな〜。

◇女子4×400mR決勝
USA強かった。
最終日ってこともあって、表彰式が何度もあったんだが、
ほとんどUSAの国歌が流れてたし。

◇男子4×400mR決勝
うさ強い。ウォーリナー強い。
短距離系の決勝に出る選手って、1歩の推進力が桁違いだよなあ。

◇閉会式
すまん。マラソンの為の早起きのせいか、すっかり寝ていた。
おばちゃんたちが盆踊りみたいの踊ってたような気はするんだけどさ・・・。
次の世界陸上はベルリンだそうだ。

Dに続く
posted by gamerin at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇その他スポーツ

2007年09月07日

番外編B<世界陸上大阪観戦記〜8日目夜の部>

以前、世界陸上の長居スタジアムの様子を書いたが、
一つ重大なことを書き忘れていた。それは、
座席にドリンクホルダーが無い
だから飲み物は手に持つか、地べたに置くしか収まりどころが無いのだ。
近くにいた人は、後ろの人が倒してしまったビールで汚れてしまったそうだ。

さて、8日目の夜の部は、日本チームの出る4×100リレー決勝や、
マイルリレーの予選があったし土曜だったせいかほぼ満員、今迄で一番の客の入りだった。
当日券も安い方から売り切れてて、AとSしか残っていなかった。まじかよ〜。
財布に余裕は無かったんだが、13000円はたいてA席を買った。
この前は余裕で買えた弁当が開始1時間前には売り切れてたし・・・うぅぅ
あまり競技場内のフードが充実してなかったので、貧相な夕食になってしまった。
なんかもっと工夫しようよ〜グッズやお土産系もいけてなかったし。

◇女子車椅子1500m決勝
土田選手は、偶然競技場で練習してるところに遭遇したことがあったなあ。
けっこう選手の年齢が幅広いので驚いた。

◇男子車椅子1500m決勝
副島選手が2位に入り、銀メダル!!この8日間で日本に初めてのメダルだった。

◇男子棒高跳決勝
13000円払った対価はこの男子棒高を近くで見れたことでクリア。
ドイツ勢がかっこよかった。芸術だな。

◇男子十種競技2日目
ヤリと1500mを観た。
今年の正月にスポーツマンNO.1決定戦みたいな番組に出ていた、アメリカのテレックが出場していた。

◇女子4×400mR予選
日本チームは全員福島大関係者。お前らもうピンクのユニフォームで走っていいよ。
予選落ちしたものの、日本記録を出した。3分30秒切りも見えてきたか??
学生時代に福島大女子の無敵ぶりは見ていたので、一般競技者と福島大の差は実感したことがある。
その福島大と世界の差ってのが今回見れて、ここでまた世界レベルを実感することができた。

◇男子4×400mR予選
予選4位で入るものの、0.27秒差だったかな、で、予選落ち。惜しかった。

◇女子4×100mR決勝
日本女子は、午前中の予選で失格だったらしい。
アメリカがもちろん優勝だったが、2走のアリソンから3走へのバトンパスで
減速してしまったようだ。記録を期待していたのでもったいなかった。

◇男子4×100mR決勝
決勝に進んだ日本は5位だった。それでも38"03のアジア記録。順位はともかく、記録は立派。
それに、若手、中堅の日本選手陣が不調の中、朝原はベテランの貫禄というか、
落ち着いたいい走りをしてくれたと思う。
自分は第3コーナーの近くにいたので、3走の高平が良く見えた。
意外と身体でかいんだな。

Cへ続く
posted by gamerin at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇その他スポーツ

2007年09月01日

番外編A<世界陸上大阪観戦記〜4日目夜の部>

それでは続いて、世界陸上4日目のEveningSessionの感想。

・男子円盤決勝
まず、日本の、しかも学生レベルに見慣れてしまってる自分にとっては、
60mからしかラインが引かれてないのにまず感嘆。
そしてそのラインを練習の投擲から軽々越えてしまう。
もうあれだけ飛ばしてもらうと見ていて気持ちがいい。
TVではあの距離感はわからない。現地観戦だけが味わえる醍醐味。
優勝したのはエストニアの選手だったが、客席にいた応援団の盛り上がりっぷりが面白かった。

・女子棒高跳決勝
もうイシンバエワでしょう。1人だけレベルが桁違い。世界新が見れなかったのは残念だった。
まあ5m02の1回目に身体が上がらなかった時点で、何か今日だめそうだなとは思ったけどね。
でも、棒高跳は見ていて本当に面白い競技だ。

・男子200二次予選
日本人は末續、高平、神山が出たが全員敗退。おいー!末續くらいは通過すると期待してたのに!!
やっぱ今大会、日本人選手いけてないぉ・・・。

・女子走幅跳決勝
レベテワ姉さん今回も頭が派手でした。その姉さんが7m台出して優勝。
この種目、1〜3位までロシアが独占。試合終了後に、同じく試合の終わっていたイシンバエワと
幅のロシアン3人が一緒に喜び合っていたが、なんでロシアの選手はあんな美しいんだろう。
筋肉とか凄くて力強いのに、美しいってめっちゃ自分のツボ。
ていうか、もう助走から違うよ、世界は。
跳躍の技術も必要だけど、走りの重要性を再認識したね。今更だけど。

・男子3000SC決勝
こちらはケニアが1〜3位独占。今大会は、障害に足かかって転倒したり、
転倒した先に障害があって頭からぶつかったりと何かと事故の起こるこの種目だけど、
決勝でも障害に腹からぶつかった選手がいたよ。あいたたた。

・女子400H準決勝
ドイツのクロンって選手がめっちゃかわいかった。

・男子400H決勝
USAのクレメントが優勝したんだが、ものすごい喜んでいた人が近くにいた。
周囲の人から「コングラチュレーション!!」とか言われてたんだが家族かなあ?

陸上競技って、種目も多いし(その数だけルールがある)、
選手の数もやたら多いし(覚えられないし試合が身近に無いから馴染みが無い)、
一般人にはとっつきにくいんかなぁ?
世界レベルを肌で感じることができるので、
少なくとも現役で陸上やってる奴は現地に見に行くべき。
もちろん自分のレベルとかけ離れすぎてるかもしれないが、
TV見てるだけじゃわからないような、得るものがある。
ま、あと2日しか無いけど。

Bへ続く
posted by gamerin at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇その他スポーツ

2007年08月31日

番外編@<世界陸上大阪観戦記〜長居スタジアムの様子>

やばい。アリソンフェリックス速過ぎ。200mとはいえ、世界陸上の決勝であれだけ差をつけるとは。
レベテワ姉さんには、幅に続いて三段でも金取って欲しかったな〜。

とりあえず、せっかくなので世界陸上観戦記を書こう。
ということでまずはスタジアムの様子について。

長居スタジアムはこの世界陸上で初めて訪れた。
JRまたは地下鉄の長居駅、JR鶴ヶ丘駅からも近い。
長居駅からは南ゲート、鶴ヶ丘駅からは北ゲートが近いんだけど、
前売券の場合、指定されたのと逆のゲートに近い駅で降りてしまうとかなり歩かされることになる。

さらに、入場時のセキュリティは、空港のような感じで金属探知機を通された。
なので、時間には余裕を持った方がよいでしょう。といってももう残り2日だけど。
ただ、正直客の入りは良くないので、ひどい混雑にはなってなかった。
帰りもJリーグの試合より全然スムーズ。

Bnagaistadium.jpg
↑メインとバクスタには屋根があります

スタジアムの座席は、若干狭い気がした。足が窮屈な感じ。
選手の関係者なのか、観客席にはかなりの数の外国人を見かけたんだけど、
投擲選手っぽい人は座席に体が収まってなかった。
自分は外国のスタジアムって行ったこと無いんだけど、日本より席は広かったりするの?
外国人だけでなく、観客席にはフツーに、日本の選手もいた。
今回出てない800m日本記録保持者の杉森さんや、吉田真希子さんが一般客に紛れて観戦してるのを目撃。

スタジアムの座席は、種類がS、A、B、Cとあるんだけど、
エリアを区切るロープも無くチェック係もいないので、種類の違うチケ持ってても入り放題。
座席も埋まってないから余裕で好きな場所に行けてしまう。
ぉいぉい〜アメフトW杯の時に懸命にチケットチェックした苦労は一体何だったんだ〜。関係無いけど。

特に、予選種目しかない午前の部はガラガラなため、オール自由席状態。
席を埋めるための苦肉の策なのか、午前は幼児や小中高校生の団体客だらけだった。
だが、そのせいで短距離種目のスタート時も競技場がざわつき、
アナウンスの人が必死に「お静かに」とか「しー」とかなだめてたのが痛々しかった。
まー、幼児や小学生のガキなんて、言ったって聞かないお年頃だし、
号砲前の一瞬の静けさと緊張感を楽しめるようなお年頃でもないし、仕方ないのかねえ。

Aへ続く
posted by gamerin at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◇その他スポーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。